無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    新幹線変形ロボ シンカリオン感想@第73話


    週末は原稿に勤しむことになりそうなTMZ2です。
    2冊出す予定になってしまったので頑張りますわ。

     


    そんな今日は新幹線変形ロボ シンカリオンの感想をば。
     


    急展開で怒涛のクライマックス感が攻めてきた第73話。
    こういうのを見せられるとあぁ終わるのかなぁと実感してしまいます。

     


    キリンの考えと倉敷の思いを聞き決断を迫られるハヤト。
    地方格差の話や全国新幹線計画まで話が飛躍してビックリしましたわ。
    この話は通せば解決するという単純なものではないので難しいですよね…。


    母親からのアドバイスもあり、ハヤトの出した答えはやはりNO。
    ハヤトらしい返答でありましたが、少し話の焦点がズレてないかなと違和感を感じたりもしました。
    セイリュウを絡めたキトラルザスとの道については見事でしたが、地方の話はここで答えを出せるものではないのでちょっと話を大きくしすぎちゃったかなと。

     


    戦闘はド派手に東京上空を飛び回るブラックシンカリオン軍団に度肝を抜かされました。
    都庁への攻撃でVSキングギドラを思い出したりもしましたわ。
    空撮からのはめ込みかなと思いますが、素晴らしいシーンを作ってくれたもので。


    キリンの前に立ちふさがるのはブラックシンカリオンを取り戻したセイリュウ。
    そこについに登場したドクターイエロー923と、さらにクロス合体をしたMk-2が駆けつけます。
    怒涛の展開過ぎて頭がついて行くのが難しかったところにさらにセイリュウがMk-2を攻撃するという追い打ち。
    キトラルザスとしての責任を感じて自身で決着をつけるためということでしたが…。

     


    来週は因縁の地、桜島決戦となる模様。
    終着駅に向けて加速しているシンカリオンなので、最後まで見届けたいと思います。

     


    ではでは今日はこの辺で
    ^^ノシ

    0
      | TMZ2 | ロボットアニメ雑記 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: