無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    新幹線変形ロボ シンカリオン感想@第68話


    GWが残り三日という事実に心折れそうになるTMZ2です。
    後半戦は特に予定がないので映画でも見に行きますかね。

     


    そんな今日は新幹線変形ロボ シンカリオンの感想をば。
     


    久々のリュウジ、タツミ登場な第68話。
    リュウジのお年頃な悩みの回となっていました。

     


    突然ハヤトの生徒にしてくれ!とお願いしてきたリュウジ。
    聞くところによると超進化研究所の職員になるために鉄道知識が欲しいのだとか。
    知識を求めるためにオタクに教えを乞うのは駄目なやーつと思いながら見守りましたが、案の定でありました。

     


    落ち着いてフタバさんにお願いしてみたところ、山手線で各駅を巡りながらの鉄道クイズをやることに。
    問題の内容が以前ハヤトが語っていた内容だったからか、他の人が全部答えてしまい落ち込むリュウジ。
    実は↑の中に大宮組と一緒に行動すれば自然に身につくのでは?という答えがあった気もしますがね。
    というか、元運転士ならば経験を買われて問題なく就職できそうな感じがありますが…。

     


    戦闘は今回から登場のブラックシンカリオンの亜種と。
    セイリュウ狙いの思考のようで、そこに眼をつけたリュウジが啄木鳥戦法で迎え撃つことに。
    この作戦が功を奏し、最後はオーバークロスのぞみの三河安城グランクロスで締めとなりました。
    それにしてもオーバークロスのぞみの腕部フル装備っぷりが素敵です。

     


    来週はフタバさんに密着取材をする回と。
    フタバさんの好きな特撮ヒーローの話が出てきそうでかなり楽しみですわ。

     


    ではでは今日はこの辺で
    ^^ノシ

    0
      | TMZ2 | ロボットアニメ雑記 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: