無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    新幹線変形ロボ シンカリオン感想@第54話


    今日はまったーーーり休日なTMZ2です。
    予定が空になった時の休日というのはそれはもう暇ですわ。

     


    そんな今日は新幹線変形ロボ シンカリオンの感想をば。
     

     

    N700A引継ぎ!な第54話。
    兄の乗っていた機体に弟が乗るというのもロマンですわ。
     


    開幕はハヤトとセイリュウの新幹線トークから。
    すっかり沼に引きずり込まれているセイリュウくんですが、楽しそうなのでよしとしますかね。
    アズサは蚊帳の外ですが、保護者なのでまたよしと。

     

    そんな折、リュウジの母からハヤトに電話があり、兄弟喧嘩の話に。
    それを確認するために名古屋へと向かいます。
    同時に総司令長も直接行かなくてもよさそうなのに、新幹線に乗りたいから名古屋へ。


    喧嘩の原因はN700Aの試験を兄に内緒で受け、それを反対されたからというもの。
    空手で解決を試みようと思いましたが、失敗しいつもの流れとはまた違った感じに。

     


    そのタイミングで敵襲。
    コアを複数持つ厄介なタイプで、名古屋とは連携が初めてなブラックシンカリオンでは手こずることに。
    そこで700Aの出動を要請し、リュウジ他を説得するのはハヤトの仕事。
    最後の新幹線例えは大不評でしたが、総司令には大好評だったので結果オーライなのかも…?


    タツミの乗る700Aは凄くやんちゃな感じの動きになっていましたね。
    トンファーを振り回したりと凄い活動的な印象です。
    静の兄、動の弟といった感じでしょうか。
    そしてなによりも出撃時の挿入歌のタイミングが完璧でしたわ。


    兄弟コンビネーションで無事撃破後は、兄弟喧嘩も和解。
    最終的に妹に諭され、家族のこととなると大局が見えてないのは自分だったというリュウジ兄でした。

     


    来週はブラックシンカリオン紅がついに登場。
    セイリュウの描写をしっかり行っての登場となりましたのでそれはもう楽しみですわ。

     


    ではでは今日はこの辺で
    ^^ノシ

    0
      | TMZ2 | ロボットアニメ雑記 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: