無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
天獄篇参戦作品別感想@翠星のガルガンティア

携帯復活なTMZ2です。
初期セットアップに時間がかかるのは最近の端末の欠点ですわい。


そんな今日は天獄篇の参戦作品別感想を書いていきます。
第30回目は「翠星のガルガンティア」(以下ガルガンティア)です。
ストーリーのネタバレがありますのでご注意ください。

本作で前後作関係ない中では唯一の新規参戦となったガルガンティア。
原作は最近のロボットアニメの盛り上がりの初陣を務めていた作品の中の1つですね。


■シナリオでの扱い

初参戦という事で原作展開は多めとなっておりました。
あまり戦闘の多い作品ではないので話数はそこまで多くないですが、展開自体は丁寧であった印象です。
殆ど分岐なのは残念ですが、分岐の中ではメインを務めておりましたね。

絡むのはマクロスFとガンダムX辺りが多かったですかね。
マクロスFとは設定面で、ガンダムXとは世界観でクロスしていた印象です。
原作の地球の環境面でターンA等とも絡んでいたのは上手かったと思います。


■戦闘面

典型的なリアル系の性能ですが、今一つパッとしなかったのが残念。
武装のEN消費がちょっと高めなので継続戦闘力的にいただけなかったのと、バリアはあるもの回避に補正のかかる技能は無い為安定感に欠けたのが理由ですかね。
なんらかしらの特殊能力が欲しかったところで。
初期から戦術待機を持っているのは有難いんですがね。


初参戦なのでこれからにも期待したいガルガンティア。
同時期のロボットアニメの参戦も楽しみにしています。


ではでは今日はこの辺で!
^^ノシ
0
    | TMZ2 | 第3次Z天獄篇 | comments(2) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
      Comment
      2015/06/15 3:50 AM posted by: ランサー
      原作の良さを引き出す事が全然出来てなかった様に感じます、スパロボだと難しいでしょうが、、、

      ユニット性能ももう少し特徴が欲しかった所です

      2015/06/15 9:34 PM posted by: TMZ2
      スパロボ向きな作品ではないですからねぇ。
      もう一工夫欲しかったのは同意です。
      name:
      email:
      url:
      comments: