無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
天獄篇参戦作品別感想@新劇場版ヱヴァンゲリヲンシリーズ

色々とままならないTMZ2です。
時が解決してくれるのを待つしかないのですがなんだかなー。


そんな今日は天獄篇の参戦作品別感想を書いていきます。
第28回目は「新劇場版ヱヴァンゲリヲンシリーズ」(以下ヱヴァ)です。
ストーリーのネタバレがありますのでご注意ください。

時獄篇からZシリーズ参戦のヱヴァ。
今回でQが初参戦と相成りました。


■シナリオでの扱い

Q自体がスパロボでは取り扱いにくいのか、原作再現は殆ど無く、時獄篇でやらなかった第10使徒の決戦後はQの終盤まで時系列が一気に進むことに。
セントラルドグマでの戦闘の最中にこちらに転移してきた形で、間の話は原作準拠の用でした。
しかしながら設定が味方の面々に開かされることなく、ゲスト参戦のような立場となってしまっていたのは諸々残念でありました。

シンジを心配する既存作品の面々の他には新規のトップ2が良く絡んでいましたかね。
アスカがなんか言ってそれに真希波が茶々を入れるというがテンプレになるほどよく見た印象です。
カヲル君が殆ど絡んでこなかったのは意外でしたが、ある意味ゼウスと同じ感じだったんでしょうかね。


■戦闘面

Qの機体になっているもの性能でも武装でも全体的に時獄篇の時より使いにくくなってしまっているの非常に残念でした。
ALL武器の欠如とケーブル削除は特に痛かったかと…。
援護防御が優秀でマキシマムブレイクの時にダメージを出しやすくなったマーク9が唯一強化されてたかなぁという感じで。
(それでも自軍の2トップはマリアスでしたが…)

単体攻撃は使いやすいものが多いので全体的に援護向きでしたかね。
特に8号機はその点優秀だったかと思います。


原作がいつまで経っても完結しないですが、次出るときは原作終了後の方がいいかなと思うヱヴァ。
その前に出るとしたらブンダーをぜひお願いしたいところです。


ではでは今日はこの辺で!
^^ノシ
0
    | TMZ2 | 第3次Z天獄篇 | comments(2) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
      Comment
      2015/06/11 2:06 AM posted by: ランサー
      破の一番の盛り上がり所が、物凄く省略された感があり、序盤で凄くガッカリしました

      カヲル君が最後までいる所と追加武装の槍は嬉しかったんですけどね
      2015/06/14 10:44 PM posted by: TMZ2
      やはり完結していないものを扱うのは難しかった感じがしますねぇ。
      Qが特殊な話というのもありましたし。
      name:
      email:
      url:
      comments: