無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    スパロボ新作…ってあれ?

     
    冷房を付けても中々部屋が涼しくならず困っているTMZ2です。
    といってもこれ以上設定温度は下げたくないし…ジレンマですな。

    そんな今日はスパロボの新作…というには一風変わったゲームが紹介されたのでその話を。
    タイトルはスーパーロボット大戦Card Chronicle(カード クロニクル)です。


    ソースは以下
    ファミ通.com



    今はやりのソーシャルゲームとスパロボのあいのこといった感じでしょうか。
    スパロボらしいシステムも有、ソーシャルらしいシステムも有といった感じに見えます。
    対応機種がドコモのガラケーからスマホに変わっているという事も有、現在配信中のスパロボモバイルの上位版と言えなくもないかなと。


    そんなスパロボCCの参戦作品は以下。
    ◆勇者ライディーン
    ◆超電磁ロボ コン・バトラーV
    ◆超電磁マシーン ボルテスV
    ◆無敵鋼人ダイターン3
    ◆機甲戦記ドラグナー
    ◆破邪大星ダンガイオー
    ◆冥王計画ゼオライマー
    ◆機動武闘伝Gガンダム
    ◆機動戦士ガンダムSEED
    ◆機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    ◆機動戦士ガンダム00
    ◆機動戦艦ナデシコ
    ◆真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
    ◆GEAR戦士電童
    ◆マジンカイザー
    ◆コードギアス 反逆のルルーシュ

    新規参戦はやっぱりないっすね。
    画面を見る限り戦闘アニメ等も使い回しなので、まぁそういう商売なのかなと。
    しっかし、これで一本本家を作って欲しいレベルで…。


    事前登録ボーナスがあったり、PMCとの連動があるようなので調べてからの御入会を。
    私はとりあえずやってみようかなと思います。
    課金するかは微妙なところでありますが…。


    ではでは本日はこの辺で
    ^^ノシ

    0
      | TMZ2 | スパロボCC | comments(5) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        2012/08/02 7:53 AM posted by: ランサー
        やっぱ、こういうのが出るのですね

        早くスパロボ新作やりたいですわ・・・
        2012/08/02 12:59 PM posted by: 通りすがり
        TMZ2さんと同じく、このメンツで普通のスパロボが遊びたかったです。
        一発デッカク稼いで豪華な新作を制作してほしいですね。電童…ドラグナー…ナデシコ…
        2012/08/02 3:29 PM posted by: 涼村朔也
        参戦作品がやたらと豪華ですねw
        ドラグナーや電童といった最近のスパロボでは見かけなくなった作品もありますし。

        本家は…3DSで新作があるかもしれないのでそれに期待。
        2012/08/02 7:07 PM posted by: 砂タマゴ
        やったねーすぱろぼもとうとうそーしゃるになりましたねぇー(棒)

        とりあえず事此処に到っては、少なからずバンナムの売上に貢献して次のまともな版権スパロボが良いものになるよう、スマホな方々には頑張っていただきたい。

        ただ、面白そうに見えないんですがコレ…。
        2012/08/02 8:05 PM posted by: TMZ2
        >>ランサーさん

        時代の流行りですからね…。
        こういう流れも止む無しかなと。


        >>通りすがりさん

        黄銅な面白そうな作品になりそうなので、この参戦作品軍で一本欲しいですわ〜。


        >>涼村朔也さん

        結構ご無沙汰な作品もいるんですよね。
        本編の方に来て欲しい作品が結構ありますわい。


        >>砂タマゴさん

        個人的にはこの流れを望む層には流行って欲しいかなと思います。

        こういうゲームはゲームとしての面白さより収集面を楽しむものですからね。
        どれだけそこが考えられているかが鍵でしょうか。



        name:
        email:
        url:
        comments: