無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    スパロボL感想@作品別編「鉄のラインバレル」



    今日は一日出かけていたTMZ2です。
    服買ったり、町をぶらり散歩したり、焼き肉食ったりと遊び倒した一日でした。
    明日はまったりとダイガードの予習をしようかと思います。


    今日はスパロボLの参戦作品別の感想を書いきます。
    14回目の今日は「鉄のラインバレル」です。

    ネタバレ入ります。プレイ中の方はご注意を。

     



    今回の最優遇だった気がする鉄のラインバレル。
    原作再現こそ分岐で行われていましたが、主人公やシンジ等絡む相手が多かったり、中盤まで戦闘指揮を森次さんが録っていたり、自軍の本拠地がJUDA社員寮だったりしたので、共通ルートでも問題なく目立っていました。

    上記の様に優遇が顕著でも、そこまで不快感を与えなかったのは、やはり他の作品とクロスしつつと言うのが大きかったかと思います。
    早瀬が調子に乗っている間はカトルが面倒を見て、自軍に参入するときは渚も一緒にいたりとかなり考えられてはなしがてんかいされていました。
    アニメ版がスパロボと相性がよさそうな作品であったこともありますが、うまく相乗効果になっていたかと思います。


    戦闘面では、序盤からいてパートナーとして有用な機体が多いのでかなりお世話になりました。
    各々の個性がパートナーシステムとがっちりはまっていたのも大きいですね。
    ただ、戦闘専用のラインバレルやヴァーダントは他作品の機体と比べると、ちょいとパンチ不足なのが厳しかった印象です。
    (ゲームバランス的に、原作ほどの回復能力は付けられませんしね…)

    終盤加入する加藤機関組も非常に優秀でしたね。
    長射程かつヒット&アウェイで狙撃機体として有用なアパレシオン、ボーナスがミノフスキードライブで加速持ちと名に恥じぬ活躍ができるイダテン、自軍唯一の装甲ダウンL3を持ちボス戦で非常に重宝するツバキヒメ、隠しに恥じないボーナスと合体攻撃の攻撃力の底上げができるタリスマンと後半に入ってもメイン入りを期待できる性能となっていました。


    今回はアニメ版からの参戦となったラインバレル。
    チャンスがあれば漫画版の参戦もやってみて欲しいところ。
    スパロボはアニメからの参戦がメインなので難しいかもですが…。


    ではでは今日はこの辺で
    ^^ノシ

    0
      | TMZ2 | スパロボL感想 | comments(2) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        2011/01/10 9:14 AM posted by: ランサー
        アニメ版が好きな自分にとっては今回の活躍は非常に嬉しかったです

        特に終盤の他作品とのクロスを絡めた盛り上がり方がたまりませんでした

        これだけ良いモノを見せてもらうと漫画版も欲しくなります…やはり買うべきか
        2011/01/10 7:36 PM posted by: TMZ2
        目立ってはいましたが、うまく他作品と絡んでいるのは見事でしたね。

        漫画版も機会があれば是非。
        name:
        email:
        url:
        comments: